トップ > ハム・ソーセージ工場

ハム・ソーセージ工場

世界で一番美味しいハム・ソーセージを・・・

サイボクのハム・ソーセージはすべて、本店ミートショップに直結した直営工場で作られています。種豚の育種から販売までの一貫体制だからこそできる“ こだわりのハム・ソーセージ”は、本場欧州の国際食品品質競技会でも連続で金メダルを受賞するなど、世界的にも高い評価をいただいております。

スモーク室でウインナーの燻煙

つけ込み前の成形処理

肉挽き

ウインナーの羊腸詰め

ハム・ソーセージづくりは手作業が中心 一点々丁寧につくりあげています

原料肉はサイボクの銘柄豚肉を使用

サイボクの銘柄豚肉「ゴールデンポーク」「スーパーゴールデンポーク」だけを使い、乳タンパクや卵白などの“ まぜもの”を一切使用せず、お肉本来の旨みを存分に引出しながら作りあげているのが、サイボクのハム・ソーセージなのです。1 種類のブランド肉だけで作ったハム・ソーセージは、世界的にもほとんどありません。新鮮な原料肉をじっくり熟成し、塩分も抑え気味にして、自然の味を最大限に引出すことを心がけています。

保存料・着色料不使用

すべての製品に確かな安全・安心が息づいていることも、サイボクのハム・ソーセージの魅力のひとつ。種豚から育てられた豚たちの血統は、しっかりと遡ることができます。まさに身元がお墨付きの原料肉は、衛生管理の行き届いた自社工場で手作業中心の丁寧な作業工程を経て、保存料や着色料は一切使用せず、添加物を極力使わない確かな生鮮品として仕上げられます。

オンラインショップでお買い物する

世界で一番美味しいハム・ソーセージを・・・

ポークウインナーやソーセージなどは「練りこみ」をして、中身の“ キメ”を整えます。この「練りこみ」は、特に製品の味や食感などに大きく左右します。毎回微妙に異なる原料の肉質と、季節により大きく変わる温度や湿度。このバランスをとることが、練りこみの最大のポイントです。触れた時の粘りや弾力など練りの状態で、出来具合を予想し練りこみを完了します。美味しい“ キメ”の繊細な絹引きの練り物をつくりだすには、こうした熟練の技と勘が生きてきます。

世界で一番美味しいハム・ソーセージを・・・

ソーセージづくりにおいてハーブは極めて重要な素材といえます。サイボクでは、ハーブの伝統的な組み合わせを本場ドイツに学び、サイボク独自の風味を創りだしました。ポークウインナーの場合、10数種類の厳選したハーブを使用しています。また、ハーブは味だけでなく、色にも大きく影響します。つまり、ソーセージの個性を決めるのがハーブ。まさに、マイスターの腕の見せ所なのです。お子様からご年配の方まで幅広い層に好まれる、おいしいソーセージをつくることができるのも、このサイボク独自のハーブづかいの技があるからといえます。

このページトップへ↑