沖縄料理の紹介

 沖縄(琉球)料理は、琉球王朝時代、中国皇帝の使者や薩摩から来た役人をもてなすために、琉球の人々が中国、薩摩へ赴き、学び得てきた料理をうまく組み合わせてできたものです。普通、沖縄料理というと宮廷料理と庶民料理の2つを指します。明治以前の日本本土では肉食を嫌う風習がありましたが、沖縄は東南アジアの島々や中国の影響を受け、古くから食肉文化が根づいていました。
 肉といえば豚肉を指すほど、沖縄の人々は豚肉を多く食べます。なおかつ「泣き声以外は全て食べられる」と言われるほど、頭から足の先、血や内臓にいたるまで、余すところなく使いこなします。
 沖縄の豚肉料理は、手間をかけて脂を抜き、臭みを取る調理法が特徴といえるでしょう。ここでは、沖縄の豚を使った代表的な料理のレシピを用意してみました。材料を入手しにくいものもありますが、ぜひおためしあれ。

ラフテー
沖縄風豚の角煮 入手困難だが皮つきバラ肉を使うとおいしい
チイリチー
豚の血をいれた野菜炒め これも入手困難かも、コクのある野菜炒めになる
足テビチ
豚足料理 ほとんどがにかわ質でやわらかい コラーゲンを多く含む
ミヌダル
黒胡麻ペーストを乗せたロース肉 上品な琉球料理
ミミガー
豚の耳料理 皮と軟骨がちょうどよい歯応え たいてい茹でてスライスしたものが売られており、簡単でおいしいおつまみをつくれる
中身のお吸い物
中身とは内臓のこと 脂をしっかり取ったさっぱり味

<参考文献>
てぃあんだ 山本彩香の琉球料理
 著者:山本彩香 出版社:沖縄タイムス
たべるおきなわ 本土でつくる沖縄の家庭料理
 著者:藤清光・中山美鈴 出版社:エリス
<取材協力>
宮城県古川市「沖縄そば」
※なお、ご紹介した料理の中には「沖縄そば」の通常メニューにないものもありますので、ご了承下さい。

目次総合大学