トップ > 安心・安全の取組み

安心・安全の取組み

サイボクハムの豚は血統書付きです

サイボクの直営牧場、グループ牧場で育てられる銘柄豚「ゴールデンポーク」「スーパーゴールデンポーク」の原種豚には、すべて血統書が付いています。どの種雄豚、母豚から生まれた肉豚なのか、その履歴は、サイボク創業以来、種豚部によって厳重に管理されており、現在のおいしい豚肉をつくる原点となっています。

DNA検査

DNA登録
サイボクハムでは、専門機関のご協力のもと、サイボクの豚肉「ゴールデンポーク」と「スーパーゴールデンポーク」のお父さん豚であるデュロック種についてDNA型の登録を行っています。これにより、製品となった精肉やハム等の製品からでも、DNA検査を行うことで、どのお父さん豚(デュロック種)の子豚(ゴールデンポーク・スーパーゴールデンポーク)を使った精肉・ハムなのかを特定することができます。
また、DNA親子鑑定の技術を利用し、よりおいしいお肉やハムの研究を科学的に進めています。
不良遺伝子の排除
肉質を悪くする遺伝的な不良遺伝子を持った豚をDNA検査により見つけ出し、豚同士の交配に用いないことで、「むれ肉」と呼ばれる品質の悪い肉を、極力出さないように努めています。むれ肉になると、肉に保水性がなくなり、肉汁が多く出てしまい、焼くとパサパサとした、かたい肉になってしまいます。

必要最低限の添加物を使用した製品づくり

添加物は、お客様に美味しく、安心してお召し上がりいただくために必要な役割を果たしています。サイボクハムは、「おいしく、安全な製品づくりのため最小限の量におさえて添加する」という方針のもと、添加物を使用しています。また、製造工場は、ハサップシステムの優れた点を一般の小売店や小規模施設に取り入れ、消費者の皆さまに安全な商品を提供するために、埼玉県が独自に制定したガイドライン「彩の国ハサップ」の認定を受けています。

このページトップへ↑

Copyright 2010-2014 SAIBOKU. All Rights Reserved.