トップ > 会社概要・沿革

サイボクハムは1946 年(昭和21 年)に創業し、種豚の育種改良を中心におく牧場としてスタートしました。現在では、種豚と肉豚の生産を行う牧場、自社牧場産の原料を使ったハム・ソーセージの加工、販売部門、パン工房、レストランまでを有する“ 完全一貫経営”を特徴としています。さらに牧場から出る堆肥を有効に活用、地域の農家と提携し地場産野菜の直売も行っています。
サイボクハムは、保存料や着色料を使わない安全で新鮮な製品の提供を通じ、従来の流通機構の中では不可能だった流通・販売システムの確立を目指しています。また、当社の製品は、肉製品の本場、欧州の国際食品品質競技会に出品し多くの金メダルを獲得するなど、国際的にも高い評価を得ています。

会社概要

事業所名 株式会社埼玉種畜牧場・サイボクハム
代表者 代表取締役社長 笹﨑静雄
所在地 〒350-1221 埼玉県日高市下大谷沢546番地
TEL 042-989-2221 ㈹ FAX 042-989-7933
URL http://www.saiboku.co.jp
E-mail tonton@saiboku.co.jp
交通 西武新宿線「狭山市駅」西口下車
西武バス「サイボクハム」行き17 分
東武東上線「鶴ヶ島駅」西口下車
東武バス「サイボクハム」行き25 分
JR川越線「笠幡駅」下車
東武バス「サイボクハム」行き 5 分
設立 昭和30 年8月17 日
資本金 9,200 万円
系列企業 (株)サイボク、(株)サイボク飼料、(株)楽農ミート、(有)ミートピア商事
従業員数 合計580 名
本社 本店、楽農ひろば、レストランサイボク、サイボクパークゴルフ場ほか(敷地面積90,000 ㎡=約3万坪)
事業所 鳩山牧場(埼玉県鳩山町)、南アルプス牧場(山梨県早川町)、東北牧場(宮城県栗原市)
直営店 東武池袋店、西武所沢店、丸広川越店、丸広入間店、伊勢丹浦和店、仙台泉店
事業内容 1.自社牧場での種豚育種改良、肉豚生産
2.精肉、ハム・ソーセージ、パン製造販売及び加工品、食品販売
3.地元野菜の直売
4.カフェテリア、レストラン、パークゴルフ場の運営

採用情報

採用に関するお問い合わせ
総務部総務課 TEL.042-989-2221 mail:somu@saiboku.co.jp

牧場創立当時

サイボクの歩み

1946 年(昭和21 年)
フィリピンの激戦地から九死に一生を得て戻ったサイボクハム創業者の故・笹﨑龍雄は、荒廃した国土を目にし「食こそ人間の根本である」と考え、みずから牧場経営に乗り出す。

1961 年(昭和36 年)
日本で初めて英国のランドレース種を導入、現在に至る品種改良革命の先駆けとなる。

1970 年(昭和45 年)
宮城県にサイボク東北牧場(108 ㌶)を開設。優秀な種豚をベースに、安全で美味しい健康な肉豚の生産をスタートさせる。

1975 年(昭和50 年)
日高牧場内に6 坪のミートショップを開店。お肉(ミート)の理想郷(ユートピア)を目指し「ミートピア構想」の第一歩を踏み出す。20 年の育種の結実、「ゴールデンポーク(GP)」登場。

1979 年(昭和54 年)
本物の食をめざした、サイボク手づくりハム工場竣工。種豚→肉豚→精肉→ハム・ソーセージ→直売までの直結路線が完成。

1983 年(昭和58 年)
レストラン創業。緑の牧場から食卓へ、そして胃袋までの夢の実現に一歩近づく。自家牧場産のお肉・有機野菜・お米の本物素材と、趣向をこらしたメニューで登場。

1997 年(平成9 年)
オランダで開催の第28 回SLAVAKTO「国際食肉プロフェショナル競技会」に初参加。金メダルと「クリスタル杯」受賞。サイボクハムが世界に認められるスタートとなる。

1999 年(平成11 年)
野菜の生産直売施設「楽農ひろば」がスタート。ドイツDLG 主催の「国際調理食品品質競技会」に初出品。金メダルと「海外出品社・最優秀賞」の栄誉に輝く。

2001 年(平成13 年)
パークゴルフ場、やすらぎ広場、陶芸などが楽しめるサイボクガーデンをオープン。新聞・雑誌・テレビなど多数のマスコミから取材を受け全国的な話題になる。

2002 年(平成14 年)
日高牧場移転、山梨県早川町に「南アルプス牧場」として新スタート。牧場跡地より良質の温泉湧出。“ 温泉のお福わけ”施設として温泉スタンドオープン。

2004 年(平成16 年)
日帰り温泉施設オープン。医学博士・植田理彦先生より“ 療養泉”のお墨付きと、(社)日本温泉協会より“ 五つ星”の評価を受ける。

2005 年(平成17 年)
「心友」誌100 号刊行。生産者と消費者を結ぶユニークな雑誌として注目をあびる。DLG(ドイツ農業協会)総裁一行が来日し、サイボクの〔新鮮・美味・安心〕システム視察。

2007 年(平成19 年)
サイボクハム創業者・笹﨑龍雄会長が長年にわたる社会的業績を評価され埼玉県より「渋沢栄一賞」を受賞する。

2010 年(平成22 年)
欧州国際食品品質競技会に通算14 年、DLG(ドイツ農業協会)においては12 年連続金メダル獲得。受賞メダル数の累計1000 個を超える。

このページトップへ↑