日本養豚の歴史

庭先養豚時代(〜昭和40年代前半)

 農家の副業、堆肥生産用もしくは食料として、1〜3頭程度の豚が庭の片隅にある小屋で飼育され、飼料には主に残飯が用いられていた。この当時は中ヨークシャーやバークシャーなどが主流で、中型のラードタイプと呼ばれる品種が飼育されていた。
 有畜農業の時代とも言え、1950年の農家戸数は459,100戸、飼養頭数は608,100頭、1戸当たり平均1.3頭という小規模なものであった。
 とにかくこの頃は養豚をメインとしてではなく、あくまでも農耕用の堆肥生産と、貴重なタンパク源の供給、残飯の処理に利用されていたようである。「豚は小さな肥料工場である」という言葉もある。


農家養豚時代(昭和40年代〜)

 農耕のための堆肥生産、残飯処理という庭先養豚から、養豚を専業とする農家が徐々に増加し、100頭規模の農家も現れてきた。1960年代には農家戸数が700,000戸以上となり、飼養頭数も急増した。
 この頃から、海外から輸入された大ヨークシャーやランドレースといった大型で、からだの長いベーコンタイプと呼ばれる品種が飼育されるようになり、豚の大型化、資料要求率の向上、産子数の増加や発育速度の上昇といった生産性の向上を主眼において飼養されていた。
 また、この頃になると、飼料はフスマ、米糠、残飯などから飼料メーカーが供給する配合飼料に替わり、豚肉の生産量も肉質という面でも安定したものが生産されるようになり、大量消費の時代となっていった。


企業養豚時代(昭和50年代〜)

 昭和50年代から小規模な農家養豚は徐々に減少し、商社などの企業が養豚産業に乗り出し、大規模な養豚場が増加し、1980年代には農家戸数が100,000戸を割ってしまった。また、一戸当たりの飼養頭数は激増し、1985年には120頭、1990年には270頭を越えるようになった。しかし、この頭数は小規模な農家養豚も含まれているので、大規模な企業養豚では10,000頭以上を飼養しているものもある。
 大規模な企業養豚になると、各ステージ(種付け、分娩、肥育など)ごとの分業化が見られるようになり、さらに大規模なものになると、肥育専門の農場なども見られるようになり、専門的な部分に特化するようになった。
 また、飼育される品種もハンプシャーやデュロックなど、ミートタイプと呼ばれる筋肉質の豚を作るのに適した品種が加わり、飼育されるようになった。ここ数年はこれまでの生産性向上という流れから、品質(肉質)向上という流れになり、肉質面で劣るハンプシャーの姿は消えてなくなってしまった。現在は様々な銘柄豚といった形でもてはやされている。


目次総合大学
|日本養豚の歴史|サイボクの歴史現代の豚事情

Copyright(C)2000株式会社埼玉種畜牧場
Maintained by "Pig Museum Steering Committee"